中高年の健康と体調管理

中高年世代は、今まで、我を忘れて働き、神経をすり減らし、ストレスを抱え、親の病気、介護、別れ、子供の進学、就職、結婚、出産など、家族の喜びや悲しみを経験し、気がつけば人生の折り返しを迎えていたそんな世代ではないでしょうか!

健康と体調管理

やっと時間の余裕もでき、夫婦二人の時間が持て、自分たちのために何かをしようとする頃に、体調の異変に気づく人も少なくありません。

長い間、神経をすり減らし、ストレスを溜め、酷使した体の疲れが出始める年代でもあります。

体調管理

40代になれば体の老化は始まりますが、老化の進み具合には個人差があり、健康度合いや、その後の体調管理によって大きく変わってきます。

体調管理は体調の異変に気づく前に健康診断を受け、自分で判らない健康度合いを知る事が賢明です。
健康度合いを知り、適度な運動や栄養バランスの摂れた食事を心がける事で老化を遅らせたり、予防に繋がります。

夫婦二人であれば自分たちのペースと量で栄養バランスの摂れた食事も可能です。
食事で補えない栄養はサプリメント等の栄養補助食品で補う事も可能です。

家に引きこもらず、二人共有の趣味を持ち、一緒に出かける事で、運動にもなり、新しい発見や出会いがリフレッシュにもなります。

まだまだ長い中高年人生を病院や施設で過ごすか、自立していきいきと過ごすかは、50代60代の心がけと自己管理に左右されそうです。

最後に

考え方は若くても、体は老化しています。
体調管理をしっかりとして、いきいきした健康中高年として元気に過ごしましょう!