栄養バランスの摂れた健康的な食事

老化を遅らせたり予防するには栄養バランスの摂れた食事をする事が大切ですが、毎日の食事の栄養バランスなどは栄養士でない限り把握できません。

栄養バランスの摂れた健康的な食事は和食の食材を毎日摂ることで確保できる様です。

栄養バランスの摂れた健康食材

お茶、青魚、海藻、納豆、豆腐などの大豆製品、酢、キノコ、野菜、ネギ類(長ネギ、玉ネギ、ニンニク)どれも質素に感じる和食の食材ですが、血液をサラサラにしてくれる健康食材なのです。

ただ、毎日摂っていても、それ以上に脂質やカロリーの高い食べ物を摂っていたり、食材が古くなり酸化していては老化は防げません。

食材が古くなり酸化した食べ物を食べると体内の活性酸素が増え、老化を早めたり病気の原因になってしまいます。

体の酸化を防ぐ栄養素別抗酸化食材

体内の活性酸素が増えないよう抑える食材が抗酸化食材です。

  • DHA・EPA:善玉コレステロールを増やしてくれます。
    さば、さんま、いわし、はまち、ぶり、鮭などの青背の魚、まぐろ、あなごなど
  • 食物繊維:体内から余分なコレステロールを排出してくれます。
    海藻、豆類、きのこ類、ごぼう、長いも、こんにゃくなど
  • ミネラル(カリウム):余分な塩分を排出してくれます。
    さつまいも、りんご、ひじき、ミニトマトなど
  • ミネラル(マグネシウム):血液の凝固を防いでくれます。
    とうもろこし、ごま、大豆、そばなど
  • ミネラル(亜鉛):血管細胞の新陳代謝を促進します。
    牛肉、レバー、納豆、卵黄、チーズなど
  • 抗酸化ビタミン(ビタミンA,C,E):活性酸素を除去して血管の老化を防ぎます。
  • ビタミンA:βカロテンが豊富でがん予防になります。
    ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、春菊
  • ビタミンC:たんぱく質のコラーゲンを合成する酵素の働きを助けます。
    オレンジ、キウイ、ブロッコリー、小松菜
  • ビタミンE:血液をサラサラにして血液循環をよくしてくれます。
    アボカド、アーモンド、うなぎ、たらこなど
  • 植物性たんぱく質:魚と組み合わせると、血栓を溶かしコレステロール、中性脂肪、インシュリンの濃度を下げてくれます。
    豆乳、納豆、豆腐、味噌などの大豆製品
  • ポリアミン:アミノ酸の一種で血管を若返らせ、新しい細胞を作ります。
    きのこ類、チーズ、ヨーグルト、バナナ、ゴーヤなど

最後に

食材は、できる限り新鮮なうちに調理すれば老化予防の栄養源となっていきます。
栄養バランスの摂れた新鮮な食材で老化予防の食事を心がけましょう。