病気予防に必要な栄養素、EPA・DHA

青背の魚に多く含まれる栄養素のEPA・DHAは生活習慣病などの病気予防に効果があり、記憶力向上にも良く、中高年にとって重要な栄養素の一つです。

血液サラサラ効果のあるオメガ3系記事で紹介したEPA・DHAの老化や病気予防について紹介します。

EPA・DHAの老化や病気予防

EPAとDHAは青背の魚などから両方が摂取でき、機能も良く似ている事から、セットで考え生活習慣病を予防してくれます。

どちらも酸化しやすく熱に強い性質があり、新鮮な魚の刺し身や煮魚で食べると効果的です。

EPA

EPAは血液の粘度を下げ、血液を固まりにくくするため、血管や血液が原因の病気予防につながります。

EPAの主な病気予防

動脈硬化、心筋梗塞、高脂血症、脳梗塞、脳卒中、高血圧などの生活習慣病の予防やアレルギー症状の改善、慢性関節炎の症状緩和や悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

その他、大腸がん、前立腺がん、乳がんなどの予防、うつ病や認知症の改善にも効果が期待されています。

EPAを摂取したいタイプ

  • 魚より肉が好き
  • 加工食品が多い
  • 高血圧である
  • 悪玉コレステロールや中性脂肪の値が高い
  • アレルギー症状がある
  • 関節炎などの炎症性疾患がある

DHA

青背の魚、いわし

脳の発達、機能を高め、悪玉コレステロールや中性脂肪減らして善玉コレステロールを増やし、生活習慣病の予防につながります。

DHAの主な病気予防

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、高血圧、脂質異常症、皮膚炎、アトピー性皮膚炎などの予防や改善

記憶力向上や学習能力向上など、脳の働きを良くするので、認知症の予防や発育途中の子供の脳の発達にも欠かせない栄養素です。

視神経細胞の活性を高めるので、眼の機能回復にも効果的です。

DHAを摂取したいタイプ

  • 肉や加工品をよく食べる
  • 高血圧である
  • 悪玉コレステロールの値が高い
  • 妊婦や母乳授乳のお母さん
  • 発育途中の子供
  • 頭や目をよく使う

EPAとDHA、1日の摂取目安量

厚生労働省ではEPAとDHAを1日1g以上摂るのが望ましい、とされています。

DHAなら、いわし1~2匹、マグロの赤身なら約800gに相当する量です。
一般の魚好きの人でも毎日1gはおそらく摂れて無いでしょうネ!

不足分は市販のサプリメントを利用して補うのが管理しやすい方法です。

最後に

摂り過ぎに注意!
EPAやDHAが生活習慣病の予防に効果があるからと言っても過剰摂取には、注意が必要です。

出血した時に血液が凝固しにくく、止まりにくくなります。
げっぷや吐き気の症状が出る場合もあります。