40代から急増する膝が痛い原因

40代から急増する膝が痛い原因には、これまでの偏った膝関節への負担や運動不足、軟骨のすり減り等、老化の症状と伴って、痛みとして表面化したと考えられます。

様々な要因が考えられる膝が痛い原因について紹介します。

40代からの膝が痛い原因

膝関節は、太ももの大腿骨とすねの脛骨、膝の皿で構成され、周囲を靭帯や腱、関節包で固定されています。

膝が痛い主な原因は、関節への衝撃を吸収するクッションの役目を果たす関節軟骨がすり減り、骨と骨が触れやすくなり、激しい痛みに繋がるのです。

関節軟骨がすり減る原因や様々な要因が影響している膝の痛みを紹介します。

関節軟骨がすり減る原因

長年の癖で、力が不均等になり重心が偏よった習慣が、加齢による体内での軟骨成分生成の衰えと伴って、関節軟骨に負担がかかり、次第にすり減って行くのです。

関節軟骨に負担をかけやすい要因

  • 偏よった癖がある
    長年の重いバッグや荷物を片側で持つ癖が、腰痛や膝の痛みを引き起こします。
  • 運動不足と太りすぎ
    運動不足は太りすぎを招き、膝軟骨に負担をかける結果になります。
  • 悪い姿勢
    猫背などの悪い姿勢は膝でバランスを取る癖になり、膝に偏った負荷がかかりやすくなります。
  • 過去に膝や足の怪我をした
    膝内部の半月板や靭帯を痛めた場合、傷めた部分をかばいやすく、反対の膝に負担がかかりやすくなります。
  • O脚やX脚
    O脚は膝の内側の軟骨がすり減りやすく、X脚は外側の軟骨がすり減りやすくなります。
  • タコやウオノメがある
    足の裏の重心が偏り、膝軟骨にも偏った負荷がかかります。
  • ハイヒールをよく履いていた
    ハイヒールは、膝にかかる力のバランスが悪くなり、関節の上部を痛めやすくなります。

上記のような例が、関節軟骨にかかる力が不均衡になり、膝を痛めやすい要因になっているのです。

特に、運動不足と太りすぎは負荷のかかり過ぎ以外にも弊害があります。

筋力の衰え

運動不足になると、膝関節や大腿骨、脛骨を支えていた筋肉が弱り、関節へ負荷が掛かりやすくなり衝撃に耐えられなくなってきます。

足の筋力の衰えが進む一方で、膝に負担をかける、家事仕事や曲げ伸ばしの作業量が増え、関節軟骨がすり減る原因となるのです。

血行不良

運動不足や太りすぎは、メタボを招き、血液がドロドロになりやすく、血行が悪くなります。

血行不良は、冷え性や足のむくみにもなり、血液から運ばれる膝軟骨の栄養成分が不足気味になり、すり減りかけた軟骨の修復どころか益々悪化する原因になります。

股関節からの影響

股関節が悪いと、股関節をかばう事から膝に負担がかかり、膝の痛みを招きます。
特に、女性に多く、妊娠や出産、子育てで股関節に負荷がかかり、変形性股関節症を起こしやすくなります。

股関節が悪いと、痛む足をかばい、引きずるようになり、周囲の筋肉の筋力低下が起こり、よけいに足を引きずる歩き方になっていきます。
動作が制限されると動きが狭くなり、それをかばう事が膝の痛みの原因になっていきます。

股関節が悪いと、歩く姿勢が悪くなり、ハト胸、前弯姿勢になり、腰骨が前に曲がり、股関節を動かしにくくなる事で、大腿四頭筋がこわばり、機能が低下します。
その結果、膝の曲げ伸ばしで、膝が痛むようになってくるのです。

最後に

先ずは自分でできる範囲での、ウォーキングの習慣が膝の痛みや健康管理に繋がります!