40代から増える変形性膝関節症の特徴

40代から増える膝の痛みを放置していると、変形性膝関節症になりやすく、治療が長引いたり、完治しない可能性があります。

変形性膝関節症の特徴を理解し、変形性膝関節症になる前に、膝の痛みの予防と改善が重要になります。

変形性膝関節症の特徴

変形性膝関節症になると、膝が痛む、膝が腫れる、膝を動かしにくくなると言った特徴が現れます。

動き始めに膝が痛むスタートペイン

変形性膝関節症は膝を動かす、動作の最初に膝が痛むスタートペインの症状が特徴です。

椅子から立ち上がった時や歩き出す時等、動作の最初に膝関節が動く場合に痛みを感じます。

階段を降りる際には、膝に体重以上の負荷がかかり、きしむ痛さに上り降りが辛くなっていきます。

膝が腫れたり、水が溜まってくると、O脚が進行しやすく、軟骨の内側がすり減り、関節が硬くなり、膝が曲がって正座が困難になり、体が左右に揺れる歩き方になって行きます。

変形性膝関節症になる原因

変形性膝関節症になる原因には、遺伝による場合や関節リウマチや大腿骨内顆骨壊死症等の他の病気、膝の怪我による膝蓋骨脱臼や半月板損傷、関節軟骨の損傷等も原因ですが、最も多いのは軟骨のすり減りが原因です。

軟骨のすり減る原因は、40代からの膝が痛い原因記事内の関節軟骨に負担をかけやすい要因と同じですのでそちらをご覧下さい。

変形性膝関節症の次第に悪化する症状

変形性膝関節症は初期の段階で早めに改善を行わないと、次第に悪化していきます。

変形性膝関節症の症状は初期症状、進行期症状、末期症状に分けられます。

初期症状の前には、膝を曲げると違和感を感じたり、内側や裏側にチクチクと軽い痛みを感じる前ぶれ症状も見逃せません。

前ぶれ段階での改善は悪化を防ぐ最善策と言えます。

初期症状

初期症状には、動作の最初に膝が痛むスタートペインの症状があげられます。

立ち上がった時や歩き始め、階段を降りる時に痛みを感じたり、正座をするのが辛くなったりします。
痛みは長続きはせず、休んでいれば治まる痛みです。

関節軟骨の弾力性が低下し始め、衝撃から膝を守るクッション機能も落ち始めています。

進行期症状

初期症状にある動作で痛みが更にひどくなり、膝を動かす動作が辛くなってきます。

膝が曲がりきらなかったり伸びきらなくなり、正座が困難になり、膝が腫れる場合もあります。

膝の拘縮が進むと、関節が硬くなったり、O脚が進行し体を揺らしながらの日常生活が辛くなってきます。

関節軟骨がすり減り、大腿骨と脛骨との隙間が狭くなり、骨のトゲ(骨棘)が痛み始めます。

末期症状

膝を動かさず安静状態でも痛みを常に感じ、杖を使わないと歩行が難しくなります。

関節軟骨がすり減って無くなり、骨のトゲも大きくなります。
靭帯や半月板の損傷も起こりやすく、筋力の衰えも著しくなり、活動範囲が極端に制限される様になります。

関節が硬くなると、関節の可動域が極端に狭くなり、日常生活に支障が出る様になります。

膝の骨の変形が外見からも確認でき、動けない事でロコモになる可能性が高く、うつ状態や認知症、寝たきり生活になっていく場合があります。

変形性膝関節症の改善策

初期症状では、足の筋力が低下している状態ですので、ウォーキングやストレッチで筋力をつけ、関節の可動域を広げ、アライメントを整えると、痛みの軽減になり悪化を防ぐ事も可能です。

進行期の段階では、炎症があり腫れがある場合には、炎症を鎮める事が先決ですが、治療を続けながら筋力アップを図ったり、関節を柔軟にするストレッチをしながら関節に良い成分をサプリメントで補給する等の改善策を講じれば、痛みは軽減されていきます。

末期症状の状態では、膝関節の機能不全になるため、人工関節手術や関節軟骨の再生医療など、専門医による治療等が有効です。

最後に

膝に痛みを感じ始めたら、毎日、自分でできる範囲のウォーキングを心がけて下さい!