膝裏が曲げると痛い原因

膝裏が曲げると痛い原因には、関節軟骨のすり減り以外に足の裏側の筋力低下やベーカー嚢腫等があげられます。

変形性膝関節症の初期症状の可能性が考えられる膝裏が曲げると痛い原因について紹介します。

膝裏が曲げると痛い原因

膝が痛い場合、膝の前や皿の上、膝の横や膝裏等、痛む場所によって、軟骨のすり減る場所や筋力が低下する筋肉が変わり、痛みの原因になっている動作や癖も変わります。

膝裏の場合、痛むまでにこわばりがあったり、圧迫感がある場合が多く、この時点で筋力をつければ回復も早く望めます。

軟骨のすり減りや半月板損傷等、膝関節の変形や損傷

膝裏の痛みには、関節が変形したり傷ついた事で痛みになる場合があります。

軟骨のすり減り

軟骨のすり減りは、膝関節の軟骨が摩耗し、骨と骨の間が狭まり、擦れ合うことで炎症が生じ、痛みが発生する症状ですが、変形性膝関節症の特徴的な症状です。

筋力が弱くなる40代からの女性に多い症状ですが、膝を曲げ伸ばしする筋肉のバランスを整え、膝関節の可動域を広げる事が痛みの軽減に繋がります。

ベーカー嚢腫

ベーカー嚢腫は膝裏にコブ状の塊ができる腫瘤ですが、膝裏の滑液包に関節液(水)がたまり、炎症を起こすゼリー状の腫瘤です。

膝裏の突っ張りや違和感を感じたり、軽い痛みの場合には、筋力アップで自然に水の吸収を促し、腫れや痛みをなくす事も出来ます。

半月板損傷

半月板は、膝の内側と外側にに、三日月状の座布団のように挟まっているクッションの役割をする軟骨です。

急激な負荷がかかり、欠けたり損傷を起こすと、膝関節内全体のクッション機能が低下して、徐々に軟骨に負担がかかってきます。
スポーツ外傷として、運動中の怪我によって発生する事も多く見られます。

変形性膝関節症の初期にも、加齢や使いすぎにより軽度の半月板損傷が原因になり、正座などの膝を曲げたりする動作が痛くなり、膝の裏に痛みを感じる様になってきます。

反張膝

膝を伸ばす行為が繰り返し行われると、膝が反りすぎてしまう状態を反張膝と言います。

スポーツで膝を伸ばす事が多かった人が、膝を曲げる筋肉と伸ばす筋肉のバランスが悪くなり、膝裏が痛くなる事があります。

靭帯損傷

スポーツや交通事故などで膝を傷め、膝関節を支える後十字靭帯が損傷すると、膝の曲げ伸ばしや正座などで膝の裏が痛くなる症状が現れます。

足の膝から下部分が後ろ方向へ引っ張られる事で損傷を起こしてしまっている状態です。

筋力の低下や炎症

膝関節に変形や損傷がなくても、正座をすると膝裏が痛い場合があります。

膝関節を支える関節周りの筋肉が衰えると、曲げ伸ばしに必要な筋力の低下に繋がります。
膝を曲げ伸ばしする筋肉のバランスも悪くなり、膝関節に捻じれやゆがみを生じ、筋肉に炎症を起こします。

立った状態で痛みをかばおうとすると、前屈みになりやすく、背中が曲がり腰が後ろに引けた猫背になり、膝が曲がった状態になります。

太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)が緊張してこわばり、スムーズに動かなくなり、膝の皿の動きが悪くなり痛みになります。

膝関節の炎症を我慢して放置していると、膝関節の炎症が筋力の低下を引き起こし、筋力の低下が膝関節の炎症を引き起こす悪循環になりかねません。

最後に

ウォーキングや簡単なストレッチを続ける事が筋力アップに繋がり、痛みを和らげます。
膝裏の痛みがなくなるまで、諦めず筋力アップを目指しましょう!