老化の症状と改善策

たとへ老化とはいえ、それまでの生活習慣から症状が出ている場合、症状を改善したり和らげる事ができれば、老化の進行を遅らせる事にもなってきます。

老化と思われる症状から改善策を探ってみたいと思います。

症状と改善策

体調の変化を感じ病院で診察を受けると老化の一つと説明された経験はありませんか?
老化だからと諦めていませんか!

頭や顔に出る症状

  • 薄毛:髪が薄くなる。ボリュームがなくなる。
    男女を問わず悩んでいる人は多いはずです。
    育毛剤や育毛シャンプー等の外的処置、栄養サプリメント等の内的処置があります。
  • 白髪:誰からも老化を感じる白髪ですが。
    私の場合、白髪染めで対処しています。
    毎日、鏡で見る自分の顔が見た目だけでも若々しく感じるだけで元気が出ます。
  • 肌のつや、しみ、しわ、たるみ:老け顔の症状で女性には気になる症状です。
    美容整形外科からサプリメント、化粧品まで、多くの改善方法があります。
  • 耳:耳鳴り、難聴など、老人性難聴と呼ばれる機能の老化による難聴から、ストレスなどから起きやすい突発性難聴、長年の高音を受けた作業やヘッドホンで大きな音で音楽を聴き過ぎた場合などがあります。
    いずれの場合も生活習慣による耳への影響が老化による難聴に影響を与えていると考えられます。
  • 目:目の老化現象に老眼があります。老眼鏡での対応が殆んどです。
    その他にも白内障や緑内障などがあります。
    最近では加齢黄斑変性の原因にもなるブルーライトと呼ばれる紫外線がスマホやパソコンモニター、LEDから出ておりパソコンやスマホをよく使用する人の目の疲れ、眼精疲労は目の老化の原因になってきています。
    頻繁にパソコンやスマホを使用する人はPC眼鏡やPC老眼鏡をかけ、目の負担を減らしましょう!
  • 鼻:鼻づまりやくしゃみ、鼻水は誰にでもある症状ですが、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎は生活環境を見直す事で改善できる場合もあり匂いに鈍感な鼻になる前に慢性的な鼻づまりを直しておきたいですね。
    アレルギー症状の方は何のアレルギーかを耳鼻咽喉科などで検査して把握しておきましょう!
  • 口:口は老化を感じやすい部分で、歯が抜ける歯周病、口臭がきつくなる、味覚を感じにくくなる、噛む力が弱くなる、呑み込む力が衰える等、栄養源を摂る口の中が衰えると体全体のバランスまでもが崩れかねません。
    口内環境を清潔に保ち、老化は口からと注意しましょう。

頭や顔以外の体に出る症状

首、肩、腰、ひざ、足などの筋肉や骨の老化による痛みや骨折、悪い姿勢や歩き方による変形性関節症などは高齢になるほど増えていきます。

整形外科医院は高齢者の社交場と化しているようです。
ウォーキングやストレッチで筋力を鍛え、カルシウム不足に注意しましょう。

体内の老化による症状

疲れやすい、動悸がする、息切れがするなどの軽い症状が出る場合には治療による対処も考えられますが、突然重大な病気が症状として出ないとも限りません。

体内の老化は血管の老化からとも言われ、血管壁がもろくなったり、細くなると、血液がドロドロの場合は流れにくくなり、血管が詰まったり破れやすくなり心臓病や脳梗塞の原因になります。

最後に

血管の老化やドロドロ血液は適度な運動やバランスの摂れた食事で改善することができます。
手遅れになる前に老化の予防に努めましょう!